返済総額に大きな違いを生む金利にもご注目下さい。低金利カードローンにこだわる方へお勧めをご紹介します。
カードローンをお探しになった事があるお客様であれば、何度となく「金利が低い…」「金利が安い…」「業界最低水準の金利が…」といった文言を目にした事があると思います。金利というのは「実質年率」として各カードローン会社から提示されるもので、いわゆる利息です。そして利息というのはキャッシングを行った際に「借りたお金とは別に支払う手数料」ですから、金利が高いと、返済総額もその分、増えてしまう事になります。ですから、金利は低い方が良い、というお客様は大変多くいらっしゃるのです。

silhouette

低金利カードローンについてご存知いただきたい事。

金利は低ければ低いほど、その分利息の負担も少なくなります。
利息額は「元金(借入残高)×実質年率(%)÷365日×借入日数」という計算で割り出すことが出来ます。10万円を5%で30日借りた場合は411円ですが、18%で30日借りた場合は1,479円となり、大きな違いとなる事が分かります。
bl
From Concierge

selection.1

住信SBIネット銀行 ネットローン

bl
実質年率利用限度額
3.5%~10.0%700万円
上記はプレミアムコースの場合。金利はローンご利用限度額に応じて異なります。審査により希望額はご希望にそえない場合があります。

低金利カードローンなら住信SBIネット銀行のカードローンを最初にご紹介させて頂きます。口座をお持ちでない方もお申し込み時に「口座開設とネットローンの同時申込」をご選択頂ければ、オンラインでお申込が可能です。またSBI証券口座保有登録をされていると、基準金利より年▲0.5%の特別金利が適用され、さらにお得な金利でご利用頂けます。

bl
  • 条件でカードローンをご相談したい方へのご案内です。
  • 初めてなのでよく分からない
  • 今すぐにお金が必要である
  • 金利の安いサービスが良い
  • 大きな金額を借りたい
  • 携帯やコンビニで入出金したい
  • 複数の借入をまとめたい
  • 無利息サービスや特典も欲しい
  • 審査に不安がある
bl
  • 職業に合わせたカードローンをご相談の方へのご案内です。
  • 会社員の方
  • 公務員の方
  • 会社役員・経営者の方
  • 自営業の方
  • パート・アルバイトの方
  • 学生の方
bl
  • カードローンを様々な角度から比較されたい方へのご案内です。
  • 収入基準を知りたい
  • カードローンの返済計画
  • カードローンとキャッシングの違い
  • 結局おすすめのカードローンは何?
  • クレジットカード併用が断然おトク
bl
ページ上に戻る