「カードローン」「キャッシング」「ローンカード」…様々な呼び名がありますが、それぞれ違いは何だと思いますか?
silhouette

カードローンとキャッシングの違い、ご存知ですか?

カードローンのご相談の中には、お借り入れとはちょっと離れた、素朴な疑問に関するものも寄せられます。「カードローンはいつからあるの?」などのカードローンの歴史から、「複数のカードローン会社の店舗が同じビルにまとまって入っているのは何故?」などのちょっと気になる事まで、実に様々。今回はその中から最も多く寄せられる「カードローンとキャッシングの違いは何?」という疑問にお答えします。
bl

キャッシングとカードローンの言葉の違い

まずは「キャッシング」について解説しましょう。
キャッシングとは、基本的には「ATMやキャッシュディスペンサーからお金を引き出すこと全般」を言います。お金の借り入れの場合には「カードを使った」「一括払い返済」のお金の借り入れの事を指しています。

一方「カードローン」とは、ローンと名のつく通り、お金の借り入れの事のみを言います。
「カードを使った」「分割払い返済」のお金の借り入れの事を指しています。

カードローンとキャッシングの違い
 カードローンキャッシング
返済方式 リボ払いが原則 一括払いが原則
借り入れ期間 リボ払いの為、長期のケースが多い。 一括払いの為、短期。
金利 低め。
ただしその分利息も多くなる。
高め。
ただしその分利息は少なめ。
メリット 無理なく返済出来る 利息負担が少ない

しかし、こう説明されても「分割払いのローンでも、キャッシングと言っている事があるのでは?」とお感じになると思います。では、ここからもう少し掘り下げて、カードローンとキャッシングの違いを追ってみましょう。


ローンとの違いを図るために生まれた言葉

image006

そもそも「ローン」とは、お金を借り入れるにあたって「お金を借り入れる理由を問われる」、使い道に制限があるお借り入れです。分かりやすい所では「住宅ローン」「自動車ローン」等が挙げられ、家を買う・車を買う、という使途理由が前提で、それを証明する資料等を提出し、ようやくお金を借り入れることが出来るものです。

それらとは差別化し、使途自由で少額からもっと気軽に借り入れ・返済が出来る金融商品として生まれたのが「カードローン」です。一般的にはこの「手続きの必要なローン」と「もっと気軽なカードローン」の違いをユーザーに分かりやすく区別してもらう為に、カードローンでありながら「キャッシング」という言葉を使っている、と言われています。

image007

今や「キャッシング」と書いてあっても、殆どが「カードローン」の事となっていますが、一方で「クレジットカードでのお借り入れ」に限っては、冒頭のカードローンとキャッシングの違いの表どおりの違いがあります。

クレジットカード機能のあるカードローンなど、カードローン機能がメインのものは自動的にリボ払いとなりますが、クレジットカード機能がメインのものでのお借り入れの際は、借り入れ方法を「カードローン」か「キャッシング」かを聞かれるものもあります。

通常、カードローンをお探しの際は、あまりこのキャッシングとの違いを気にしなくても問題ないと思いますが、カードローンとキャッシングの違いを見分けるポイントは「返済方式の違い」にありますので、冒頭の表を参考にご選択頂ければ幸いです。また同時に、お申し込みの前には「返済方式も必ず確認する」という事が大事とも言えますので、あわせて覚えておいて頂けると、カードローン選びに役立ちます。


  • 条件でカードローンをご相談したい方へのご案内です。
  • 初めてなのでよく分からない
  • 今すぐにお金が必要である
  • 金利の安いサービスが良い
  • 大きな金額を借りたい
  • 携帯やコンビニで入出金したい
  • 複数の借入をまとめたい
  • 無利息サービスや特典も欲しい
  • 審査に不安がある
bl
  • 職業に合わせたカードローンをご相談の方へのご案内です。
  • 会社員の方
  • 公務員の方
  • 会社役員・経営者の方
  • 自営業の方
  • パート・アルバイトの方
  • 学生の方
bl
  • カードローンを様々な角度から比較されたい方へのご案内です。
  • 収入基準を知りたい
  • カードローンの返済計画
  • カードローンとキャッシングの違い
  • 結局おすすめのカードローンは何?
  • クレジットカード併用が断然おトク
bl
ページ上に戻る