カードローンのお申し込み審査には「収入基準」がある?各社の申込時審査における年収基準を一覧表にしました。
silhouette

金融機関からの借入額には、収入による基準が設けられています

収入制限は審査基準の1つでもありますが、カードローン会社の中には「年収基準を元にお申し込みを受け付けている」という所もございます。年収がこの程度の方を対象に受け付けています、というもので、その分、質の高いサービスや、通常のカードローンとは違うサービスを提供しているのが特徴です。こちらでは、カードローン会社の申し込み審査の際に基準となる年収の目安を一覧にしております。収入証明が必要かどうかのラインも合わせてご紹介しております。
bl

消費者金融系
名称収入/年収基準(目安)収入証明が必要な額
アイフルなし(ただし借入額は年収の3分の1まで)50万円超
または他債務との
合計が100万円超
アコムなし(ただし借入額は年収の3分の1まで)50万円超
または他債務との
合計が100万円超
プロミスなし(ただし借入額は年収の3分の1まで)50万円超
または他債務との
合計が100万円超
モビットなし(ただし借入額は年収の3分の1まで)融資額に関わらず必要
レイクなし(ただし借入額は年収の3分の1まで)100万円超
 
事業者ローン系(総量規制対象外)
名称収入/年収基準(目安)収入証明が必要な額
オリックスVIPローンカードBUSINESSなし融資額に関わらず必要
※確定申告書など
アイフル事業者ローンなし融資額に関わらず必要
※確定申告書など
 

最後になりますが、当然ながらカードローン審査でチェックされるのは収入だけではございません。
それまでの返済履歴はもちろんのこと、職種・勤務先企業も審査に反映されます。
また、家族構成やお住まいなどまで幅広い審査項目があり、カードローン会社によってそれぞれの重点が異なるため
●△◆カードローンは審査に落ちてしまったが、□◎▲ローンから融資してもらえた!ということが有り得るのです。


  • 条件でカードローンをご相談したい方へのご案内です。
  • 初めてなのでよく分からない
  • 今すぐにお金が必要である
  • 金利の安いサービスが良い
  • 大きな金額を借りたい
  • 携帯やコンビニで入出金したい
  • 複数の借入をまとめたい
  • 無利息サービスや特典も欲しい
  • 審査に不安がある
bl
  • 職業に合わせたカードローンをご相談の方へのご案内です。
  • 会社員の方
  • 公務員の方
  • 会社役員・経営者の方
  • 自営業の方
  • パート・アルバイトの方
  • 学生の方
bl
  • カードローンを様々な角度から比較されたい方へのご案内です。
  • 収入基準を知りたい
  • カードローンの返済計画
  • カードローンとキャッシングの違い
  • 結局おすすめのカードローンは何?
  • クレジットカード併用が断然おトク
bl
ページ上に戻る